1. HOME
  2. ACTIVITY
  3. 咲き誇る南国の花で癒されてみませんか?“サンキョーガーデン”

2017.7.12

咲き誇る南国の花で癒されてみませんか?“サンキョーガーデン”

グアムと言えば、やはり青い海でビーチアクティビティーのイメージが強いですよね。
でも日本では見る事の出来ない、珍しい植物やフルーツを緑溢れる庭園で眺めるのもお勧めですよ!

サンキョーガーデンは、グアム大学の近くのジャングルにある本格的な手造り庭園です。
1978年に海洋学者のハリー・カミ氏がココナッツの木に恵まれた土地を購入し、知識と情熱により造園したとのこと。
約3500坪の庭園では、200種類以上の熱帯植物や果物が植えられています!

タモンのホテルエリアからは車で25~30分くらいでしょうか?
10号線の脇にある黄色い“サンキョーガーデン入り口”の看板を目印に進むと迷わず到着すると思います。

早速入り口で、この綺麗なブーゲンビリアに圧倒です。

車を止めて降りると、お次はプルメリアです!

ブーゲンビリアやプルメリアなどは、年中咲いているのでいつでも見る事ができますが、乾季と雨季で見られる花が違うので、1年で何度も楽しめそうですよ。

こちらは中央にある横から見たガーデンハウス。
ブーゲンビリアで覆われていて、とっても素敵!

園内にはさまざまな熱帯の花、樹木が綺麗に配置されています。
歩道はコンクリート舗装されているので、車椅子やベビーカーでも安心して回れますね。

私たちは看板犬のバディー君と少しだけお散歩させてもらいました。
以前はガイドさんと一緒に回っていたそうですよ。
バディー君に会いに来るお客さんも多いそうです。

綺麗なトロピカルフラワーやトロピカルフルーツを見ながら、そして写真も撮りながらゆっくり歩いても10~15分くらいで1周出来ます。

グアムに住んでいる私でもカラフルなお花を見るとテンションあがりますね。

そして、青々とした樹木を眺めているとなんだか落ち着きます。

この赤い実が何だか分かりますか?
グアムのチャモロ料理の定番「レッドライス」の色付けに使われているアチョーテの実です。毛のようなものに覆われたこの殻の中に小さな実がたくさん入っていて、その実を使ってレッドライスを作るそうです。
初めて見ました!!

スターフルーツも手の届くところにたわわに実っていました。

一周ぐるっと回った後は、ガーデンハウスでフルーツとドリンクでしばらく休憩しました。もちろんバディー君も一緒です。ほぼ寝ていましたが・・・

トロピカルフラワーが咲き乱れる綺麗な庭園でグアムの休日を過ごすのも良いですね!
予約無しでも大丈夫だそうですが、予約した方がフルーツが確実だそうです。
南国の花に癒されに行ってみませんか?

INFORMATION

店名:Sankyo Garden/サンキョーガーデン

ロケーション:143 Pangelinan St. Mangilao, Guam

電話:671-646-4520/671-687-1731

営業時間:10:00~16:00 (火曜日~金曜日) 9:00~12:00 (土曜日、日曜日)

定休日:月曜日

その他:入場料:大人$15/子供$10(フルーツ、ドリンク付き)

URL:http://guam.sankyofrontier.com/

mail:

ACTIVITYの最新記事

関連記事

SPECIAL

ココスアイランドリゾート
Ocean Jet Club
ナヴァサナスパ
セイズルバーベキュー
オーシャングアム

KEYWORD

FREE MAGAZINE

SOCIAL

Instagram